サッカーが上達する練習メニュー

サッカーのフォーメーションの練習方法

更新日:

サッカーには様々なフォーメーションがあります。

フォーメーションが変わることによりチームの攻撃も守備も大きく変わります。

フォーメーションの練習は、試合をするうえで欠かせない練習です。

1.フォーメーションとは?

サッカーのフォーメーションというのは、「DF-MF-FW」の人数を「4-3-3」という風に表したものです。

この時GKの位置は変化することはないのでカウントしません。

同じように数字で表わしていても、試合本番では選手の付くポジションがチームごとに異なったり、MF登録の選手がDFの位置に入っていたりと多種多様です。

「4-3-2-1」という風に表記が増える場合もあります。

これは「DF-MF-トップ下-FW」です。

トップ下というのは、場所はMFより前でFWより後ろ、つまりその二つのポジションの間ということになります。

このように試合で選手が配置され、試合中にする仕事の属性の人数を数字で表現したものがフォーメーションです。

2.それぞれのポジションの仕事と習得方法

まずはそれぞれの属性のサッカーの試合においての主な仕事を理解する必要があります。

先ほど出てきた4つの属性について説明します。

1.DF(ディフェンダー)

DFは守備をします。

サッカーの試合では主に、自陣で敵選手の攻撃を阻止します。

また、DFが横一列に並ぶことによりラインを作り、そのラインを動かしてオフサイドトラップを掛けることもあります。

GK一人ではセーブできるシュートが限られているので、シュートコースを塞いでGKのセーブしやすいシュートを作ることもします。

練習時に力を入れてほしいのは1対1の強さです。

それに相手選手の動きやパスコースを予測してあらかじめ防ぐことができる力です。

この2つがあれば最強のDFを目指せます。

2.MF(ミッドフィルダー)

中盤やハーフとも言われます。

守備と攻撃をつなぐポジションなので、キックに高い精度が求められます。

また担当する範囲が広いので、豊富な体力も必要です。

サッカーの試合は攻守の入れ替えが激しいので、守備時には自陣に戻り、攻撃時には敵陣地に進んでいかなければなりません。

なので、練習で習得したい技術は、攻守の切り替えを早くすることです。

それに加えて、FKも蹴れる正確なパス技術です。

3.トップ下

トップ下はチームによって取り入れていないところもありますが、ファーメーションを表記するうえで出てくるので説明します。

主にはFWがシュートしてこぼれたボールをゴールに繋げるのが仕事です。

しかし、FWでもありMFでもあるポジションです。

練習で特に意識してほしいのは、ボールへの嗅覚と執着心です。

これは技術的なものよりメンタル的なものになりますが、とても重要です。

4.FW(ファワード)

ほとんどの時間を敵陣で過ごし、チャンスが来たら攻撃をします。

また自分でチャンスメイクをすることでより得点が近くなります。

サッカーの花形的ポジションでもあります。

練習はとにかくシュートを磨きます。

FWは点を取って初めて評価されるので、シュートの精度を上げることに重点をおきます。

また、相手DFに当たり負けしないように、強い体作りも欠かせません。

このようにポジションごとに特化した練習をすることで、個人での上達はもちろん、本番になった時にチームとしても上達できます。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.