サッカーが上達する練習メニュー

サッカーが上達するコーンを使った練習方法

更新日:

サッカーの試合で、相手を想定した練習をするために、コーンを使うという方法があります。

1.コーンドリブル

サッカーの試合では、必ず相手選手がいて、その相手選手は当然動きます。

しかし、動く選手を相手に練習する前に、動かないコーンを使った練習をすることも上達への近道かもしれません。

例えば、コーンドリブルはよくある練習方法です。

コーンを相手と見立てて、ドリブルでかわしていく練習です。

当然、試合中は動くDFを相手にしなければなりませんが、まずは動かないコーンを用いて、そのコーンにぶつからないように、自由にボールを扱うテクニックの上達が期待出来るでしょう。

2.パス&コントロール

次に、コーンを使ったパスとコントロールの練習方法です。

例えば、コーンを4本使い、15mほどの正方形を作ります。

コーン付近に選手を配置し、コーンにぶつけないようにパスをする練習です。

動かないコーンに当ててしまうような選手は、試合中に動く相手には対応できないでしょう。

また、ボールを受けた選手は、相手から離れて受けた方が良いでしょう。

そして、相手から遠いところにコントロールすることが出来れば、次に自分自身がプレーしやすくなります。

動かない相手で、パスやコントロールを上達させ、紅白戦等で動く相手に対して、同じことが出来るか試してみましょう。

3.コーン練習の弊害

しかし、動かないコーンを動く相手とイメージできない選手もいます。

特に、子どもはイメージしずらいと思います。

また、動かないコーンだと張り合いが無く、練習をダラダラとやってしまうことも、しばしばあります。

その時の指導者の声掛けが大事になってくるでしょう。

「動かない相手に何もできないようでは、動く相手にも何も出来ない」など発破をかけても良いでしょうし、何か選手が楽しめるようなオーガナイズにしても良いかもしれません。

例えば、コーンドリブルなら隣の列との競争にするとか、パス練習なら、先ほどのメニューとは逆にコーンに当てる練習だとか、工夫をすれば選手が楽しめるメニューはたくさんあるはずです。

4.最後に

コーンを相手と見立てる練習は、実践的ではないことも確かです。

しかし、サッカーの試合に大切なテクニックを上達させるための方法として、まずはコーンを使うことも一つでしょう。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.