サッカーが上達する練習メニュー

全世代共通のサッカーの基礎練習

更新日:

サッカーの基礎練習とは何でしょうか。

いろいろな競技がある中で、サッカーの特徴を考えてみましょう。

それは、ボールを足で扱うということになります。

つまり、ボールを蹴る、止める、運ぶということを学ぶことがサッカーの基礎練習と考えていいのではないでしょうか、

1,ボールと仲よくなろう

まずは、ボールリフティングに挑戦しましょう。

足や頭を使って、空中のボールを地面に落とさないようにリフティングをします。

足の甲、足の内側、外側、もも、頭が基本です。

リフティングは、ボールをミートする部分も大切ですが、全身のバランス、力加減なども重要です。

リフティングが上達することは、体とボールがなじんできた証拠です。

ボールと仲良くなることを体で感じてみましょう。

最初は、目標回数を決めて取り組んでいきましょう。

最終的には、50回くらいが確実にできるようになればよいでしょう。

2,正確なキック&トラップを目指そう

次はキックとトラップです。

基本的なキックは、インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキック、インフロントキック、アウトフロントキックなどです。

どのキックも、最初は、地面に静止した状態のボールを蹴って練習しましょう。

腕や立ち足のひざなどをうまく使ってバランスよく、正確に真っすぐボールが蹴れるようにしましょう。

上達してきたら、距離を伸ばしながらスピードも上げていくとよいでしょう。

次にトラップです。

ボールを止める練習です。

ボールを止めるときに使うのは、主に足の裏、インサイド、インステップ、アウトサイド、もも、胸、頭です。

トラップの基本は、力を抜くことと少しミートする部分を引くことでボールの勢いを消して、自分のそばに保持をすることです。

胸のトラップは、胸の真ん中ではなく、左右の筋肉の厚みがある部分を使うと、筋肉がクッションとなってうまくトラップすることができます。

いずれも力を入れすぎるとボールは弾かれてしまって、自分のプレー範囲から遠ざかってしまいますので気をつけましょう。

トラップした後に、次のプレーにつなげられるよういつも意識して練習しましょう。

相手にボールを転がしてもらったり、ゆっくりとした浮き球を投げてもらったりして練習をしましょう。

キックとトラップが一通りできるようになったら、キック➡トラップ➡キック➡トラップを連続して行っていきましょう。

3,ボールを自由自在にドリブルできるようになろう

ドリブルは、ボールを自分の思い通りに運ぶ技術です。

最初は、自分の運びたいところにボールが動いてくれないことがほとんどです。

真っすぐ運ぶことから初めて、ジグザグで進んだり、急に向きを変えたりなど、自分でイメージしながら練習しましょう。

足の裏、足の内側、足の外側、足の甲などを使って練習をしましょう。

いつでもボールを止められるようにドリブルをしましょう。

自分から遠く離れたところにボールが行ってしまうと、試合では相手に取られてしまいます。

自分のプレーエリア内でドリブルができるよう意識しましょう。

サッカーの基礎練習は、どの年代においても、とても重要です。

上級者になればなるほど、おろそかにせずに、基礎練習に取り組んでほしいものです。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.