サッカーのディフェンスの上達法

効果的なゾーンディフェンスのやり方|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーのディフェンス戦術として、大きく2つある。一つはマンツーマンディフェンスでもう1つはゾーンディフェンスです。

マンツーマンディフェンスは、一人に対して一人のマークを決めてディフェンスをすることで、ゾーンディフェンスは守るゾーンを決めて守るやり方です。

現代のサッカーでは、ゾーンディフェンスが主流となっています。

ここでは、ゾーンディフェンスが上達するための練習法をみてみましょう。

1. ゾーンディフェンスのやり方

サッカーにおけるマンツーマンディフェンスは、相手を決めてマークをしていくので、ひたすら一人の相手に思うようにプレーをさせないことを目指してディフェンスをすることができればよいことになります。

しかし、この方法は、相手の動きに対して対応していくのでどうしても遅れがちになります。

また、自分のチームのバランスなどを無視した形になってしまいがちなので、チームとしてディフェンスを機能させることが難しいです。

以上のような点で、現代のサッカーにおいては、ゾーンディフェンスを基本としたディフェンスの陣形をとるチームがほとんどといってよいと思います。

ゾーンディフェンスでは、守備に入ったときに、自陣のコートをゾーンに分けて守備網を構築していくことになります。

どうしても相手が複数重なっていたり、クロスしながら入れ替わったりしながら攻撃されることも多くあるので、一人で複数の敵をマークしたり、マークの相手を交換したりする場面も多く出てきます。

ゾーンディフェンスでは、後ろからの声かけやお互いの声かけもとても重要になってきます。

時には、自分のゾーンを捨ててプレーをしなければならない場面も出てくるかもしれません。

それは、ディフェンスで一番大事なことは、得点を与えないということだからです。

常に、相手やボールが動く中で、自陣のコートにゾーンを描きながらプレーすることは、容易なことではありません。

日々の練習の中で、ゾーンの考え方やディフェンスの優先順位などを考えながら実際のゲーム形式での練習を練習メニューに取り入れなければなりません。

練習はやりっぱなしでは上達を望めません。失敗をしたら、なぜ失敗だったのか、どうすればよかったのかをきちんと明らかにして、ゾーンディフェンスに慣れていくようにしましょう。

2.ゾーンディフェンスが上達する練習法

まず、最初の練習メニューは、グリッドを使っての6対3です。

6人が、ボールポゼッションをして、3人がボールを奪う練習です。

ポゼッションする6人は、外側に5人が位置し、1人が中央に位置します。

ディフェンスの3人は、ボールに対して協力をして奪うようにします。

ディフェンス側は、パスコースを限定して、最後には3人が集中守備で奪うようトライをします。

オフェンス側はツータッチ限定で、20回パスを通せば、オフェンス側の勝ちというような条件を変えながら行います。

複数で、連動しながらディフェンスをして、ボールを奪う練習は、ゾーンディフェンスを行う上で欠かせません。

実戦においてのゾーンディフェンスでの、守備の上達につながります。

さらに次の練習メニューは、グリッドを大きくして、7対4でのポゼッション練習を行います。

6対3と同様に、ポゼッション側は、外側に6人、中央に1人の配置で行います。

ディフェンスの4人は、連携しながらボールを奪うようにトライをします。

条件は、6対3と同様で行います。

最後の練習メニューは、コート半面を使って、8対8+ゴールキーパーを行います。

実戦と同じ状況での練習なので、途中でプレーを止めるなどして、共通理解を図りながら行うとよいでしょう。

ボールの位置に対応したディフェンスのポジショ二ングを確かめながら行うことが大切です。

ゾーンディフェンスでのチームとしてディフェンスの優先順位をはっきりさせておくことも必要不可欠です。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.