サッカーのディフェンスの上達法

プレスに行くタイミング|サッカーのディフェンス戦術

投稿日:

サッカーのディフェンス戦術のひとつに「プレス」というものがありますが、前線・中盤・最終ラインが連携しコンパクトにして圧力をかけていくことでボールを奪取しゴールを目指すチーム戦術となります。

サッカーでよく言われる「プレス」の使い方では、前線からのプレスとか、中盤でのプレスの効いたゲームなどがよく聞かれるフレーズだと思います。

1.プレスをどこでかけるのか?

相手が比較的低い位置(自陣)でビルドアップ(攻撃組み立て)してくるならば、前線のフォワードからプレスをかけて、相手の陣地の密集度を上げてボールの奪取のタイミングを狙います。

中盤がキーとなる相手に対しては、戻り目のフォワードと高めのディフェンスラインでサンドイッチ状態で密集度を高めていきます。

長いボールを入れてくるチームには、ボールの落下点に合わせて少々深めのディフェンスラインと戻り目の中盤とでプレスの効いたエリアを作り出していきます。

どのエリアでも密集度を上げて周りの人数を多くかけることでセカンドボールを奪取して上手く反撃のタイミングとしたい狙いがあるわけです。

2.プレスをかけるタイミング

ディフェンスから中盤へのコーチング(後ろの声)、中盤からフォワードへのコーチングが非常に重要です。

1.まずは前線のプレスからリズムを掴む

相手ゴールに近いエリアでボール奪取を狙いたいので、相手の低い位置からのビルドアップ時に縦へのパス出しを中盤・ディフェンスで制限していきます。

前線の選手が横方向のボールに対してチェイシング(追っかけ)を開始、前述の「インターセプトのコツ」の要領で果敢にパスカット、高い位置からの攻撃をスタートすることができます。

2.プレッシングサッカーに必要なもの

サッカーでは守ることにおいても常にプレスを掛け続ける「体力」が必要となります。

前線の選手だけではなく、それと連動する中盤・ディフェンスの選手も常に同じ距離感を保ったままコンパクトなゾーンの上げ下げを可能とする「戦術」「体力」「走力」が必要となります。

3.チームの連携が崩れると大きなリスクも

勝手に追っかけまわしたりボールに行き過ぎると、裏を取られたり、前線と中盤・最終ラインの距離感が開きすぎて相手にスペースを与えてしまうので注意が必要です。

前線のプレスが甘かったりすると相手が余裕を持って切り崩しのパス・クロスボールを入れることができてしまいます。

チームとしての連携ができていないと前線からディフェンスまでが間延びしてしまい、不用意に上げてしまったディフェンスラインの裏(最終ラインとゴールキーパーの間のスペース)を使われてしまいます。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.