サッカーのディフェンスの上達法

ディフェンスの正しい姿勢 | サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

今回は、サッカーでディフェンスをする際の正しい姿勢を紹介します。

1.姿勢を意識する

ディフェンスをする際に重要なコツは正しい姿勢でディフェンスをするという事です。

サッカーを始めたはじめたばかりの人がディフェンスをすると何もできずに抜かれるなんて事があると思います。

それは、正しい姿勢でディフェンスをしていないのが原因の場合が多いです。

正しい姿勢でディフェンスをするためには次の事を意識してディフェンスをするようにしましょう。

一つ目は、重心を低くする事です。

重心を低くする事で素早く移動する事ができ、相手の動きに素早く対応出来るようになります。

重心が高い場合はそうしてもとっさに動き出すのにタイムロスが出てきてしまいます。

重心を低くして素早く動き出せるような準備をしておく事が重要です。

二つ目は、足を肩幅くらいに開く事です。

足をそろえて立っている場合よりも反応が早くなります。

棒立ちの状況から素早く動き出すのは難しいため、動き出しを速くするために足の幅にも気をつけるようにしましょう。

三つ目は、体を半身にして構える事です。

相手に両足を平行にして構えている場合と比べると背後へのターンが素早くできるようになります。

また、相手に対して正面を向いている場合、どうしても足の幅が広くなり股抜きがされやすくなるというリスクもあります。

体を半身にしてディフェンスをする事で他にもメリットがあります。

それは、味方のディフェンスに相手の進行方向を共有することが出来ます。

半身にディフェンスをすると基本的には半身にして体を開いている方向に相手は進みがちです。

つまり、味方ディフェンダーは相手の進行方向を予測する事が出来るようになり、カバーリングしやすくなります。

サッカーでディフェンスを上達するためには正しい姿勢でディフェンスをする事が非常に重要です。

特別な練習メニューを用意する必要はなく、普段の練習メニューを行う際に意識を変えるだけでもよいので実践してみてください。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.