サッカーのディフェンスの上達法

サッカーの守備に必要なワンサイドカットの練習

更新日:

上のレベルになればなるほど、頭を使った守備が必要になります。

賢い守備をすることで自分たちが楽にボールを奪取できる状況を創り上げることができます。

しかし、相手もそれが分かってくると上手くその状況を打破しようとしてくるため、守備力と攻撃力の勝負になります。

そこで今回は守備側に必要な技術として、ワンサイドカットを説明して、具体的な練習方法を紹介しようと思います。

1.そもそもワンサイドカットとは

そもそもワンサイドカットとはなんなのか、説明します。

守備をする際に、ただボールを闇雲に追っていても、ただ疲れるだけですし、相手のミスでしかボールを奪取することはできません。

ボールを追いかけるにしても頭を使って追いかけましょう。

例えばフォワードだと、闇雲に追っても人数は少なく、相手のディフェンスの方が人数が多いことが多いので、ほぼボール奪取は難しいです。

ボールを追いかける際に右側から追いかけて右側にボールを行かせないという風にボールを追いかけるだけで、全体的に左側に寄せてディフェンスすることができるので、ボール奪取できる可能性は高くなります。

さらに、右側に行かないようにするだけで、自分たちの左側の選手が守備参加が果敢になりますが、移動距離を抑えることができます。

このワンサイドカットには、サッカーの試合におけるめんどくさい移動をなくしたり、味方楽させるという献身的なアクションに繋がります。

しっかり反復練習を行い、サッカーの試合でできるようになるまで上達させましょう。

2.まずは小型のコートで練習を

いきなり行えと言っても分からないことばかりなので、まずは小さなコートでディフェンス陣を集めて練習しましょう。

特にワンサイドカットをするにおいて、後ろからの指示は必須だと思ってください。

センターバックやキーパーからの指示が大事なので、ワンサイドカットの仕組みを該当する選手に落とし込みましょう。

ワンサイドカットはチームが一体となって練習をオススメします。

なので、慣れてきたらディフェンス陣と中盤の選手などと人数を増やしてやっていきましょう。

相手はサブの選手に自由にやらせて、それに対してワンサイドカット行い、どちらかのサイドに誘導してボールを奪取するという流れを作りましょう。

いかにして、自分たちのペースでボールを奪取できるか、サッカーの仕組みを理解していると可能なはずです。

運動量も必要ですが、頭も使います。

身体は暑く、頭は冷静にがサッカーの基本だと思ってください。

3.本番のゲームで上達すること

サッカーに限らず、本番のゲームで結果を出せるようにするのが練習です。

なので、練習は必ず必要です。

さらにワンサイドカットはチーム全体で行うものなので、特に重要です。

練習の最後にゲームを入れた際にワンサイドカットをしっかり意識するように言いましょう。

守備はフォワードから始まるので、フォワードの守備の時点でどちらかのサイドに振ることができれば、最高です。

一回の練習ですぐに出来るものではないので、反復練習と意識させることを前提に練習を進めていきましょう。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.