サッカーのディフェンスの上達法

インターセプトのコツ | サッカーのディフェンス戦術

投稿日:

ディフェンスの大きな役割として、①ゴールを守る、②(相手の)ボールを奪うということが挙げられます。前章で述べましたが「寄せる」ことで相手のボールを奪うには激しい競り合い、身体的な接触が必要となりますが、相反するように頭脳的にインテリジェンスに富んだディフェンシブな先読みプレーがインターセプトとなります。

「ボールに寄せるタイミングの取り方」に続く仕掛けるディフェンスの第2弾、気持ちよくパスを出させて網にかけろ!

1.優れたディフェンスとは?

サッカーのゲームで魅了し賞賛されるプレーと言えば、オフェンシブな選手では力強いシュートであったり、芸術的なフリーキックだったりしますが、ディフェンスではどうでしょう。

それは、知性・したたかさを最も感じさせ一瞬で天と地が入れ替わってしまうプレー=インターセプトだと思います。

プレーヤーとして観察力・戦術眼、瞬発力、献身的な姿勢と何よりも裏をかくセンスを持ち合わせいなければできないプレーです。

1.ディフェンスに必要とされる能力

組織的に寄せることで強いプレスをかけ、相手が苦しい状況を変えようとするパスに油断・不注意・弱気な様子が生じた瞬間を見逃さない観察力。

間合いを取りながら相手のミスに素早く反応できる瞬発力。

身体的な大きさ、フィジカルの強さはあるに越したことはないのですが、それをも大きくカバーしてしまう能力があります。

それは「読み」の能力。

一言で「読み」と言っても、パスのコースであったり、相手選手の動き、ゲームの流れと色々な先を読む力、予測する力があります。

2.ディフェンスの醍醐味=インターセプト

インターセプトの上手い選手は、ボールの展開、パスコースを読むのが非常に上手いうえに、自分がインターセプトを狙っていることを相手に絶対に悟らせない騙しのプロでもあります。

また、一瞬でゲームの流れを変えることができるインターセプトの魅力に取り憑かれ、更にレーダーの感度をアップさせているひとりでもあります。

2.インターセプトのコツ

インターセプトは守りから攻撃に転ずるのに最大の効果を発揮しますが、上手くいかなかった時にはリスキーで危険な状況となる非常に難しいプレーです、しかし読み・予測をもとに躊躇なく飛び出すことが必要なことからも失敗を積み上げずに習得はできないプレーでもあります。

インターセプトを試みたディフェンダーの空いた穴は他のチームメートがしっかりカバーをすることによって、奪い切れなかったときのリスクを最小限に抑えることがチームのディフェンス戦術に求められていきます。

相手のパスの出し手と受け手が一瞬アイコンタクトをしているところをしっかりと観察しておくこと。

パスの出し手に余裕があるときはまわりを見ることができるのでインターセプトは控えて、相手の癖(ボールの持ち方、パスコースなど)を観察しておくこと。

ボールホルダーに対してのプレスのかけ方(寄せ方)も、敢えてインターセプトの狙い目ゾーンへボールが出しやすい、つい出してしまうように連携して追い込めるように意思疎通を図っておくことも非常に重要なコツのひとつでもあります。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.