サッカーのディフェンスの上達法

前線からのプレスのかけ方|サッカーのディフェンス戦術

投稿日:

サッカーのディフェンス戦術のひとつに「プレス」というものがありますが、前線・中盤・最終ラインが連携しコンパクトにして圧力をかけていくことでボールを奪取しゴールを目指すチーム戦術となります。

サッカーでよく言われる「プレス」の使い方では、前線からのプレスとか、中盤でのプレスの効いたゲームなどがよく聞かれるフレーズだと思います。

「攻撃は守備から」と言われるとおり攻撃でボールを取られたオフェンス(前線)からのプレスが中盤・ディフェンスラインの守備のやり易さに繋がってくることがあります。

1.前線からのプレスのかけ方

相手が比較的低い位置(自陣)でビルドアップしてきた場合には、前線のフォワードからプレスをかけて、出来るだけ縦には蹴らさないで横パスを使わせてボールの奪取のタイミングを増やします。

前線でのプレスの大事なところは、簡単に長いボール(陣地挽回)を蹴らせないようにプレスを掛けていくことにあります。

前線からプレスをかけることで短い繋ぎのパスを多用させますが、ゴールに近いところでボールを取り返されることを避けるために相手は強引にロングボールを蹴り出します。

このボールをディフェンスは余裕を持ってセカンドボールとして奪取して中盤に繋いでいく、この繰り返しを行って有利にボール支配率を上げていきます。

ボール支配率を上げてゲームの主導権を握るためには、前線からのプレスが非常に必要なことがわかります。

2.前線のプレスからリズムを掴む

相手ゴールに近いエリアでボール奪取を狙いたいので、相手の低い位置からのビルドアップ時に縦へのパス出しを中盤・ディフェンスで制限していきます。

前線の選手が横方向のボールに対してチェイシング(追っかけ)してボール奪取できれば高い位置からの攻撃をスタートすることができます。

これにはオフェンスの前線と連動する中盤・ディフェンスの選手も常に同じ距離感を保ったままコンパクトなゾーンの上げ下げを可能とする「戦術」「体力」「走力」が必要となります。

前線から最終ラインまでが伸び切らないで一定の距離感で繋がってくることは、相手にとっては非常に重いプレスが効いた中でゲームをしなければならず相手の体力の消耗も促すことになります。

チームとしても攻めはオフェンス、守りはディフェンスという分業ではなく、全員攻撃全員守備の一体感をもってチーム戦術を浸透させることが可能となります。

通常はハーフラインを超えたところから徐々にプレスを厳しくかけていきますが、自陣でのビルドアップ段階から前線プレスをかけられるので相手には多くのストレスを感じさせることが出来ます。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.