サッカーのディフェンスの上達法

DFラインを押し上げるタイミング | サッカーの守備の基本

更新日:

サッカーでは、DFラインを作って相手FWと駆け引きをしますが、このDFラインは押し上げなければオフサイドもとれないので意味がありません。

DFラインを押し上げるタイミングとはどういったタイミングが良いのかを考えていきます。

1.高いライン設定

サッカーでディフェンスをするときには、最終のDFラインを押し上げることが重要になってきます。

チーム全体の距離をコンパクトに保つことでオフェンスの時には、選手がどんどん飛び出して行くことができますし、ディフェンスにおいても狭いスペースで守るので、相手にすぐにプレッシャーをかけやすくなります。

このようにDFラインを押し上げることは、サッカーの攻守において良い効果を発揮することになるのです。

しかし、とにかく何でもDFラインを押し上げることが良いことでもありません。

常にDFラインが高ければ、裏を取ることもしやすくなりますので、センターバックを中心としたカバーリングの意識と能力が必要になりますし、注意し続けることが重要にもなってきます。

高いDFラインを保って守備をするには、全員のディフェンス力が上達することが求められます。

2.押し上げるタイミング

サッカーでディフェンスをする時には、DFラインを上げることでより守りやすくなるものですが、そのためには、タイミングを見計らってDFラインを押し上げることが大切になってきます。

闇雲に何でもDFラインを上げるようでは、すぐに裏のスペースを突かれることにもなってきますから相手の攻撃を跳ね返した時などに、一気にDFラインを上げます。

ボールをクリアした時には、一気にDFラインを押し上げる必要があります。

せっかく自陣からボールを大きく蹴りだしたのに、ゆっくりとしていてはすぐにボールを蹴り込む余裕を相手に与えてしまうからです。

その前に一気にDFラインを上げることができれば、相手FWもポジションを下げるしかなくなり、そうなればボールだけが転がっていきますので、キーパーが取って完全にマイボールにすることができるのです。

また、相手ボールの間でも、少しでもボールを下げることがあれば、その時にはDFラインを押し上げるチャンスです。

少しでもDFラインを押し上げることで、攻め込まれたら、少しずつ下げる余裕も生まれるからです。

大事な事はDFラインは3人や4人で構成されていますから、それぞれのメンバーにわかるような指示を出しながら動くことが重要になってきます。

3.細かな動かし方

DFラインは一気に押し上げるだけではなく、細かな動かし方をすることで、相手FWや攻撃の選手との駆け引きを常に行うことになってきます。

DFラインは相手がボールを動かす度に微調整をしながら動かすことが大切になります。

ですからラインを構成する選手が一体となって動くことが求められるのです。

こういった細かな駆け引きがあって得点をとられないようにするのがディフェンスの難しさであり、上達した時にわかる面白さでもあります。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.