サッカーのディフェンスの上達法

サッカーのディフェンスで腰を落とす重要性

更新日:

サッカーのディフェンスにおいて、腰を落とすことは大事です。

サッカーの試合などを見ていても分かる通り、棒立ちでディフェンスをしている選手などいません。

大抵の選手が腰を落としていて、相手に当たり負けないようにしています。

ただ、腰を落とすといっても、失敗してしまうとそこまで脅威とならないディフェンスになってしまうので注意しましょう。

1.そもそもなぜ腰を落とすのか

そもそもなぜ腰を落とさなければいけないのかということがあると思います。

それは相手選手に当たり負けしないようにするためです。

腰を落とすということは重心を下に下げるということで重心が下にあることによって、相手と接触しても体がぶれなくなります。

一度体ぶれてしまい、体勢を崩されてしまうと再び体勢を戻すまでに時間がかかってしまい、相手の攻撃に対応できないときがあります。

しっかり当たり負けしない状態を作るのもディフェンスの仕事の一つです。

2.腰を落とすだけでは意味がない

さらに言うと、腰を落とすだけでは当たり負けてしまうことが多いです。

それはなぜかというと体のバランスが悪いからです。

体のバランスを整えるためにも、腰を落とした後に、足のバランスにも注目してみましょう。

両足が横一直線で並んでいると、前や後から押された際にすぐに体勢が崩れてしまいます。

せっかく腰を落として崩れにくくなっているのも足が揃っているだけでほぼ無意味に終わってしまいます。

腰を落とした際にはどちらかの足を後ろに下げて、斜めの体勢にするようにしましょう。

さらに、つま先立ちで体勢を取っていると出足もはやくなり、ディフェンスの上達に繋がると思います。

3.エアボールのために腰を落とす

ディフェンスの対処として、難しいのがエアボールの対応です。

飛んできたエアボールに対して、どのタイミングで飛ぶか、飛ぶ場所は合っているのかなど様々な要因がかみ合っていて初めて上手く跳ね返せます。

では、それにどう腰を落とすことがかみ合ってくるのかというと、ジャンプ力の問題です

皆さんジャンプをするときに必ず膝を曲げて、ジャンプをすると思います。

膝を曲げておくと、この膝を曲げる動作をいちいち行う必要はありません。

瞬間的に跳躍できるため、膝を曲げておくことは空中戦において、かなり有利です。

さらに、筋力的にも膝を曲げていると下半身の強化につながるので上達の要素はかなり多いです。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.