サッカーのディフェンスの上達法

サッカーのディフェンスを務める上で必要な筋肉

更新日:

スポーツに関して全般的に言えることですが、必要な筋肉があります。

そのスポーツに異なって、筋肉量や付ける部位なども変わってきますがどのスポーツも筋トレは避けては通れないです。

中でもサッカーは下半身に目がいきがちですが、上半身や体幹トレーニングもしなければいけません。

とにかく、筋トレとは縁が切れることはありません。

今回はそんな中でもディフェンスに必要な筋肉と筋トレを紹介していきます。

1.走力のための筋肉

サッカーはよく走るスポーツです。

運動力がものを言うスポーツと言っても過言ではありません。

ディフェンスでも同様で、ましてやサイドバックは一番運動量が高いと言っても過言ではありません。

そこで走力の筋肉をつけましょう。

言ってもしまえば足の筋肉と心肺機能です。

これは練習の中でのハードワークやスクワットなどの筋トレで鍛えることができます。

とにかく走るランニングメニューなどをこなしていきましょう。

無尽蔵に走るほどの筋肉をつけることができればカバーリングなどをしに行くことも苦ではなくなります。

2.空中戦など競り合いのための筋肉

ディフェンスか身体をはらなければいけないポジションです。

接触プレーはもちろんのこと、けがをすることもいとわずにプレーする必要もあります。

相手との接触に負けない強靭な体を作るために筋肉をつけましょう。

空中戦などでは相手と接触して弾かれてしまうとディフェンスをすることもままならなくなってしまいます。

そのためにも体幹の筋肉を付けましょう。

体幹は体のバランスを整えてくれて、他の筋肉をしっかり稼働させるためにも必要です。

体幹トレーニングはほぼ毎日行って、当たり負けしないディフェンスをできるようになりましょう。

3.ディフェンスの理想的な筋肉の付け方

それぞれのスポーツで筋肉の付け方は異なってきますが、サッカーの特にディフェンスは下半身がしっかりできていなければいけません。

相手に弾き飛ばされない体幹と相手のドリブルスピードにもついていける速さを兼ね備えていなければいけません。

筋肉はつきすぎると体が重くなってしまい、走り負けてしまいます。

とにかく下半身の筋肉はいい具合につけましょう。

ただし、試合後半で走り負けたり当たり負けない体は作っておきましょう。

後半ディフェンスができないなんてことはないようにしましょう。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.