サッカーのディフェンスの上達法

サッカーのディフェンスライン統率の練習方法

更新日:

ディフェンスにおいて、ディフェンスラインの統率は必要不可欠です。

少しのずれだけでもオフサイドが取れなかったり、裏をかかれたりしてしまいます。

それだけで自分のチームの失点に繋がってしまうので注意です。

サッカーの試合の中で基本的にディフェンスラインが崩れることはないので、寸分の狂いもなく完璧なディフェンスラインを目指して練習を行いましょう!

1.基本的な縦の動き

基本的にはサッカーの試合の中でのボールの動きに合わせて動くことが多いです。

何よりディフェンスラインの動きとして多いのが縦の動きです。

サッカーの試合で多いのが縦の動きが多く、相手のゴール前から自分のゴール前にボールが来ることも少なくはないです。

さらにそのスピードもカウンターとなるととても早くこちらの準備ができない状態でもボールは飛んできます。

そんな速い攻撃にも対応できるようにディフェンスラインの統率はしっかりしましょう。

メンバー内の意思の疎通が大切です。

こちら側から大きくボールが飛んで行った場合は、ディフェンスラインを上げましょう。

ただし、相手が拾ったりコチラに飛んできそうな場合はラインをストップさせ、飛んでくるボールに対応できるようにしましょう。

2.穴を埋める横のスライド

ディフェンスラインの統率は縦の動きだけではありません

言わずもがなサッカーの試合の中で横の動きもあります。

特に注意しなければいけないのは、ディフェンスラインから誰かが攻撃参加したときです。

この時はディフェンスラインの人数に変化があったり、代わりに中盤の選手がディフェンスラインに入ってきたりと連動性が必要となります。

例えば、右サイドバックの選手が攻撃参加した場合、若干ディフェンスラインは右寄りになり、左サイドバックがやや真ん中らへんに位置するようになります。

簡単にいうと3バックになるイメージです。

この時スライドをしていないとカウンターに対応できなかったりします。

このスライドも練習が必要ですし、声かけをすればできるようになります。

3.実践のゲームでできるようにする

もちろん、本番の試合でできなければ何の意味もないので、練習の最後にゲームを行いましょう。

ただし、ディフェンスラインの統率はしっかり行うことを意識しましょう。

実際のゲームだと動きが決まっていないので、それに合わせてディフェンスラインを動かすことになります。

縦に横にスライドすることを意識して、統率することを意識してください。

その中でハイボールなども対応できるようにしましょう!

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.