サッカーのディフェンスの上達法

サッカーのディフェンスの体の当て方

更新日:

サッカーで体を当てる行為はファールになりません。

これにはやり方があって、注意するべき点を抑えるとディフェンスの際に役立ちます。

正しい体の当て方を習得すると、ディフェンスがとても楽になります。

1. ショルダーチャージとは?

サッカーのショルダーチャージは、肩で相手に肩にぶつかることです。

この体の当て方がサッカーの正しい競り方です。

もしもショルダーチャージで相手が吹っ飛んでも、ぶつかった場所が肩ならばファールにはなりません。

サッカーは感情的になりやすいスポーツです。

なので、感情的になり、ボールを取り合う時以外でのシュルダーチャージは禁止です。

フリーキックなどのポジション争いでもショルダーチャージが認められると
勘違いしている人がいますが、これはファールです。

ボールがないところでのショルダーチャージはファールになるどころか、カードの対象にもなる危険行為です。

あまりにも激しい場合は一発レッドもありうるので気を付けます。

2. 正しい体の当て方

サッカーでの正しい体の当て方は、肩と肩でぶつかることです。

また、胸を張って両腕を広げて自分のスペースを作るのも可能です。

しかし、これは肘でのタックルになってしまうこともあるので気をつけます。

腕を使うと、そのまま相手のユニフォームをひっぱってしまいがちですが、それはファールです。

腕で相手選手がボールに触らないようにすることが目的なので、ひっぱるのは危険行為とされます。

腕を広げる時には、手のひらを後ろにいる相手に見せるようにすると肘が曲がりにくくなります。

これらの体の入れ方の練習方法は、がっしりと地面に力いっぱい立っている人を方でタックルして動かすと勝ちというゲーム形式がおすすめです。

立っている人は、足を肩幅に開き、少し前後にずらし、腰を落として全身に力を入れます。

タックルする人は、立っている選手の横に立ち、シュルダーチャージをします。

立っている人は倒されないようにこらえますし、タックルする人は相手が倒れるようにぶつかります。

これを繰り返すうちに、どの角度からぶつかればいいのかなどのコツがわかってきます。

体が小さくてもしっかりと練習をすれば、競り合いが上達します。

これらをディフェンスで生かすためには、体幹を鍛える必要があります。

体幹が強いと、自分よりも体の大きな選手とぶつかってもグッとこらえることができます。

走りながら相手にシュルダーチャージをすることもありますので、走りながらも先ほどの練習をすると良いです。

サッカーの体の当て方の上達を目指すなら、しっかり日ごろから筋力トレーニングをして強い体つくりをしておくと、当たりが強くなります。

当たりが強くなると怪我の確率も下がるし、ボールのキープ力も上がるので、よりサッカーを楽しめます。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.