サッカーのディフェンスの上達法

ディフェンスの基本|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーにおいて、攻撃は得点を取るためにチャレンジしていくことが優先されます。

たくさんのチャレンジの中で、何回か成功すればよし、というのが攻撃の基本のスタンスです。

一方、ディフェンスの考え方は、点を取られないように安全第一(セーフティー・ファースト)が基本のスタンスです。

ディフェンスの基本的な考え方と、実戦でのディフェンス力の上達に向けた練習メニューをみてみましょう。

1.ディフェンスの優先順位

ディフェンスの目的の1つは、相手のボールを奪い、攻撃に移ることです。

相手がボールを保持しているときに、ディフェンスの基本として、まず第1にねらうのは相手のボールを奪うことです。

相手のボールを奪うことができれば、一転して攻撃に移ることができますね。

しかし、奪うことに失敗すれば、相手の攻撃を受けることになります。

むやみやたらに奪いに行けばいいわけではありません。

では、奪うことができない場合、次は何をすればよいのでしょう。

次は、相手の攻撃を遅らせることです。

相手の攻撃が遅れれば、味方の守備体制も整います。

その次は、攻撃の方向を限定させることです。

できるだけゴールから遠ざけたいですよね。

自分がマークする選手がパスを受ける場面を想定してチャレンジすることを考えてみましょう。

サッカーにおいては、ディフェンスの際に、基本として選択するプレーの優先順位が決まっています。

①最初のチャレンジは、インターセプトです。相手のパスコースに入ってボールを奪います。

②相手がトラップしたところを狙ってボールを奪いましょう。

③相手に前を向かせないように、体を寄せましょう。

④短い間合いで相手のプレーを遅らせましょう。

⑤相手の攻撃方向を限定して、できるだけゴールから遠ざけましょう。

このように、個人のディフェンス方法は、ディフェンス力を上達させる練習メニューをこなすことで習得を目指してほしいものです。

2.ディフェンスに必要な個人技能

ディフェンスにおいては、姿勢を低くして、半身で構えて相手に対応することが必要です。

常に相手の動きに対応してプレーをしなければならないので、素早く対応できるよう身構えることが大切です。

相手の移動に対応して自分も移動しなければならないので、足の運びはとても重要になります。

特に、サイドステップ、クロスステップ、バックステップなどのステップワークがスムーズにできるようにしましょう。

常に相手の動きを見ておかないといけないので、相手に背を向けると致命傷になります。

3,ディフェンス力を上げる練習メニュー

サッカーでのディフェンス力を上げるための練習メニューは、何をすればよいのでしょうか。

最初の練習メニューは、フェイントをかけながら進んでくる相手に対応しながら適切なステップができるよう練習しましょう。

まずはボールなしで動きに慣れましょう。

次に、慣れてきたら、ボールを持った相手に対するステップを練習しましょう。

最初は、ボールを奪うことより、ステップをスムーズにすることに主眼を置いて取り組みましょう。

練習メニューの中心は、実戦を意識しながら行うことが大切です。

相手がボールを受けるところからスタートしての1対1を行いましょう。守備の優先順位を考えながら取り組みましょう。

最後の練習メニューとして、少人数のミニゲームや紅白戦の中でディフェンスおさらいをしましょう。

練習の中では、チャレンジしながらゲームでの感覚を養うようにしましょう。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.