サッカーのディフェンスの上達法

サッカーにおける1vs1のディフェンスの練習方法

更新日:

サッカーで1vs1のディフェンスが強くなるための練習方法です。

1.ディフェンスをすることの重要性

サッカーを見ていると、どうしても攻撃に目が行ってしまうのですが、ディフェンスをしなければオフェンスは出来ないのです。

得点をすれば、必ず相手のキックオフから始まるので、またボールを奪い返さないといけません。

このことをまず子どもに伝えると、退屈なディフェンスの練習も気合いを入れてやるでしょう。

2.ボールを奪うということ

子どもにディフェンスの練習をやらせると、ボールを大きく蹴りだすことが正解だと思ってプレーする選手が出てきます。

確かにそれも試合では重要なプレーかもしれませんが、一番の目的は相手からボールを奪い、攻撃につなげることです。

ボールを蹴りだしてしまっては、また相手ボールから再開してしまうのです。

練習のうちは、蹴りだすことはさせず、完全にボールを奪うということ意識させ、上達させましょう。

2.シャドーディフェンス

1vs1のディフェンスの練習の導入として、シャドーディフェンスをお勧めします。

お互いサッカーボールは持たずに、対面させ、攻撃側がジグザグと動くのに対し、守備側は攻撃選手についていくというものです。

この際、ディフェンスが注意したいのは、オフェンスに対して背中を向けないことです。

どうしてもターンのとき、背中を向けがちですが、しっかりと正対したままついていくことを練習させましょう。

これを繰り返し練習することによって、相手についていくということが上達できると思います。

3.1vs1

次に実際に1vs1を行います。

単純な1vs1の設定で構いませんが、ディフェンスには「ボールを奪いきる」ということを伝えましょう。

足だけ簡単に出してしまうと、簡単に抜かれてしまうので、シャドーディフェンスで練習したようにしっかりとついていき、相手とボールの間に自分の体を入れ、ボールを奪わせましょう。

4.1vs1のディフェンスのときの心構え

色々と書いてきましたが、ディフェンスは「絶対に負けない」という気持ちが一番大事です。

技術的なことよりも、絶対に奪ってやるという気持ちを持って練習させましょう。

その気持ちがあれば、技術的な部分も上達していくことでしょう。

私がディフェンスの指導をするときに言うことは、「1vs1で負けたら試合にも負けてしまう。しかし、それ以上にサッカー選手として1vs1の勝負で負けたらかっこ悪いと思わないか?」です。

まずは、気持ちの部分を動かすことが良いのではないかと、私は考えます。

-サッカーのディフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.