サッカーの基本

サッカーの練習の前のウォーミングアップのやり方

更新日:

サッカーにおいて、その日の練習のテーマを上達させるために、ウォーミングアップはトレーニングの導入として、とても大事になってきます。

1.ウォーミングアップとは?

まず、ウォーミングアップでは体を温めることが一番の目的となります。

いきなり、強度の高い練習をやってしまうと、怪我に繋がりやすくなるので、必ずウォーミングアップは入れたいものです。

サッカーをするにあたり、体の準備と同時に、心の準備、頭の準備をすることも出来ます。

ただ単に練習をやるのではなく、体、心、頭の準備をしてから、練習に取り組むことで、上達の度合いも変わってくるでしょう。

2.ウォーミングアップの重要性

例えば、その日のテーマが「蹴る」だとした場合に、ボールを蹴りながらウォーミングアップをすると良いでしょう。

サッカーボールの真ん中を捕らえるという意味では、リフティングは一番オーソドックスなウォーミングアップメニューかもしれません。

ただし、対象が子どもの場合、いきなり堅苦しいメニューから始めてしまうと、その後の練習に入りずらくなる場合があります。

子どもには、サッカーを「楽しむ」ということもウォーミングアップの重要な要素の一つとなります。

例えば、鬼ごっこなど、子ども達がルールを理解しやすく、なおかつ楽しめ、体の温まるメニューは、次のメニューに入りやすくなると思います。
鬼ごっこには、「走る」という要素はもちろんのこと、「観る」という要素も備わります。

俊敏性を養うことも出来るので、子どもにはもってこいのウォーミングアップメニューだと思います。

その発展形として、ドリブル鬼ごっこなど、子どもにボールを持たせての鬼ごっこも良いと思います。

3.ウォーミングアップへの取り組み方

ウォーミングアップは、日常生活で言えば、トイレへ行く、歯を磨くなどのように、始まりの合図ともなるものです。

その日の練習がどういったテーマなのかを考えながら、ウォーミングアップに取り組むと良いかもしれません。

何事も同じですが、何も考えずに取り組むのと、何も考えずに取り組むのとは、上達が全く違います。

4.最後に

トレーニングメニューを決定する際、どうしてもウォーミングアップは疎かにされがちですが、練習への導入として、選手が練習に入りやすくするために、とても重要なものです。

選手の特徴やその日のテーマから逆算して、ウォーミングアップを決定すると良いでしょう。

-サッカーの基本

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.