サッカーのルール

気をつけたいハンドのルールとは? | みるみる上達するサッカー

更新日:

今回は、サッカーでのハンドのルールを紹介します。

1.ハンドの基本的なルール

サッカーのハンドに関してはとても単純でみなさん理解しているように思われがちですが、意外と複雑なルールがあるので見直してみましょう。

まず、ハンドと聞いて皆さんがイメージするのがボールを手で触ったかどうかだと思います。

この認識であながち間違いではありません。

ですが、意図的ではなく手に当たってしまった場合や、肩にきわめて近い部分にボールが当たってしまった場合はどうでしょうか。

ハンドと一概にいっても明確に判断はしづらいと思います。

そこで、ハンドには判断基準というものがあります。

一つ目は、ボールを意図的に触ったか

二つ目は、ボールが当たった手の位置

三つ目は、ボールが当たった時の距離

の三つです。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

一つ目の、ボールを意図的に触ったかというものですが、これは非常にシンプルでプレイヤーの手にボールが当たった際に意図的に触ったのかどうかです。

二つ目の、ボールに当たった手の位置ですが、これはすこし複雑です。

手や腕は体にくっついている状態でボールが当たった場合はハンドとならない場合が多いです。

ですが、手や腕が体からはなれている状態でボールが当たった場合はハンドとなる場合が多いです。

三つ目の、ボールが当たった時の距離もシンプルです。

ボールが当たった時の距離が至近距離の場合はハンドとならない場合が多いです。

至近距離でボールが当たった場合はおそらく意図していないと判断させるのでしょう。

判断基準に関して説明してきましたが、最終的に判断をするのは審判の方です。

自分たちで勝手に判断をしてしまわないように気をつけましょう。

サッカーでハンドをした際に一番やってはいけない事は勝手に判断してプレーをやめてしまう事です。

相手チームでも味方チームでもハンドになったかもと思っても笛がなるまでプレーをやめないように気をつけましょう。

-サッカーのルール

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.