サッカーの基本

サッカーのボールのもらい方のセオリー

更新日:

サッカーは、パスをつないで相手ゴールに迫っていく形が多いので、ボールをもらうためのもらい方がとても重要になってきます。

パスを受ける形が違うと、それだけで次の動作に大きく影響を与えるのです。

1.得点を取るために

サッカーでは得点を奪いに行くために、バス、ドリブルなど、様々な技術を使って相手ゴールに迫って行きます。

その中でもパスは自分が走らずに済むものですので、体力を減らすことなく相手ゴールに迫ることができるのです。

パスを回すことは、素早い攻撃を行うことに繋がってきますが、その時には、受けるための技術や、パスのもらい方が重要になってきます。

パスのもらい方一つで状況は大きく変わってきます。

得点を取るためには、相手ゴールに向かっていく必要がありますが、ディフェンスがプレッシャーをかけてくる状況ではなかなか前を向いてボールを受けることができません。

しかし、少しマークを外したり、ギャップを突くことで前を向いてボールをもらうこともできるのです。

周りの状況をきちんと理解できていれば、ゴールにつながるボールのもらい方ができるはずです。

ボールのもらい方が上達してくれば、様々な局面で余裕をもってプレーできるようになりますし、選択肢も増えてきます。

2.パスワークが大切

サッカーにおいて、パスワークというものは非常に大事になってきます。

ボールを動かすことで相手からのプレッシャーを回避しやすくなるからです。

そのためには、パスの精度と同時にボールのもらい方も考えなければいけません。

相手を背負って無理なもらい方をするのではなく、フリーな状況を作ってボールをもらうことがパスワークを続けていくためには、必要なことになってきます。

パスをもらう時には、マークのついていない仲間にパスを出すことを心がけることと、相手の寄ってこないサイドの足にパスを出してあげることが大切です。

その上でパスのもらい方としては、できることであれば、半身の態勢をとって、ボールを受けたらそのまま前を向けるようにすることが大事になってきます。

パスのもらい方としては常に相手ゴールを向けることを意識すること大事です。

3.パスのもらい方は重要

パスのもらい方は何よりも大事になってきます。

サッカーでは、パスをどのようにもらうかでその展開の仕方が変わってくるようにもなってくるからです。

パスをもらう時には、自分の周辺にマークがどれくらいの距離でついているのかを把握して、そのマークと自分に距離を作ります。

そして、ボールを迎えに行くようにもらうことが大切になってくるのです。

ボールを待っていては、相手にインターセプトを狙われてしまいますので、そうならないように自分からボールを迎えに行く必要があります。

もらいに行くときには必ず自分でマークを外す動きを入れることと、次の展開を考えておくことが重要になってきます。

サッカーでは、ボールのもらい方が上達することで、こなすことのできるポジションも増えてきてチームにおける信頼度も高くなります。

-サッカーの基本

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.